歴史

七里岩

photo
概要
七里岩は、八ヶ岳の山帯崩壊期の韮崎岩屑流が、釜無川と塩川が削りだされたことによってできた地球の芸術。韮崎市はこの岩が街を二分している珍しい地形です。韮崎宿と諏訪を結ぶ道沿いから望む七里岩の岩肌や洞窟に、「祖母石」「屏風岩」「大士洞」「伊勢山」などの名前がつけられています。自然と文化の融合した景観は絶景です。
観光こぼれ話
井上靖著「風林火山」の一節で山本勘助が由布姫に、この七里岩の台上を指差し、お城を築くならこの場所が良い」と話す場面が示すとおり、まさに天然の要害となっている七里岩なのです。
問い合わせ先
韮崎市観光協会

0551-22-1991