歴史

新府城跡

新府城跡1
観光こぼれ話
新府と言ったら桃源郷の桃の花のイメージがありますが上の写真にもあるように本丸跡付近にある新府藤武神社の周りには見事な桜が咲いています。更に小山の上にあるのでそこから見下ろす新府桃源郷はまさに絶景です。
新府城跡2新府城跡3
概要
武田氏最後の城。武田勝頼が築いた戦国時代末期の城郭跡で築城するも、織田勢に攻められわずか68日で勝頼自らが火を放った悲運の城。釜無川を直下に見下ろす断崖の独立丘陵上に石垣を用いず、土塁と堀により築城されていた。武田氏を代表する甲州流築城術の集大成となる城である。
問い合わせ先
韮崎市商工観光課
0551-22-1991