NHK大河ドラマ「真田丸」 撮影ロケ地情報

平成28年のNHK大河ドラマ「真田丸」。
主人公は戦国時代を駆け抜け、「日本一の兵」として評された真田信繁(幸村)です。

 
その放送が迫る第1話の撮影が去年10月、本市中田町内の「新府城跡」で行われました。
(画像はクリックすると拡大画像が表示されます。)
DSC00875

DSC00912

新府城跡にある新府藤武神社への参道の石段での撮影準備風景です。
撮影のため大道具の石灯篭が設置されました。

 
 

DSC00900

DSC00901

DSC00905

高台から城下町を眺めるシーンの撮影準備風景です。
1,2枚目の写真に写っている板塀や、2枚目に写っている切り株は実は撮影道具です。
どちらも以前から存在するような出来栄えで感動しました。

 

 
武田勝頼の居城として築かれ、織田・徳川勢の侵攻によりわずか1年あまりで自ら火を放った悲運の城、新府城。
その武田家ゆかりの新府城跡で、「武田家家臣であった真田家のドラマが撮影できることがとても光栄です。」と制作陣及び出演者からお言葉をいただきました。

 
NHK大河ドラマ「真田丸」は平成28年1月10日(日)午後8:00~(58分拡大版)で放送されます。
皆様、ぜひご覧ください!

 

 

 また、放送の最後に、物語に登場する人物に縁のある場所や物品、または物語の舞台となった地を紹介する番組「真田丸紀行」にて新府城跡が紹介されます。
コチラも併せてご覧ください!!

 

詳しくはコチラ  (外部リンク  NHK大河ドラマ「真田丸」公式HP)

 
新府城跡

 

アクセス
JR新府駅から徒歩15分

詳しくはコチラ